スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の奥と新しいはじまり。

2012.04.19 18:56|メルボルンでひとりごと
今週はとても忙しかった。

急に魔がさして 、フルタイムスチューデントになってしまったのだ。

フルタイムといっても週に3日のみ、とりあえず2ヶ月ちょっとだけ。しかも、在豪10年にして今さら英語のコース。


ここ数年(子宮内膜症になってしまってから)半ばあきらめた人生を送っていた。

去年の6月に手術をするまでは、いつかまたひどい痛みがやってくるのかもしれないと毎月ちょっとびびりながら過ごしていた。それまではパナドールなんて持ち歩いたことなんてなかったけど、痛みに備えて出かける時は持ち歩く習慣がついた。

ゆるくしていた妊活も、手術後は鍼に通い、漢方薬を飲み、高いお金のかかる治療もはじめた。

経済的には大変でも、ここ数年は仕事を見つけるよりも子供を持つことを一番に考えて過ごしていた。

でも子供って「子宝」っていうように恵まれないと持てないものだと気づいた。

40を過ぎても自然妊娠して出産している人がたくさんいるから、、、なんて思っていたけど、そんなのはほんの一握りのラッキーな人たちなのだ。

悲しかった。仕事もなく、子供も持てない。夫の陰でただ生きてるだけ。

夜寝ている時に、このまま朝になって目が覚めなくてもいいのかもしれないと思った。

何のために生きているのだかわからない、日本に帰れば何かしら出来るのに、帰ることも出来ず、ここで無駄に時間を過ごしている。


心の奥にそういう思いを隠して過ごしていると、体にも影響があるらしい。

鍼師に「心が張りつめている、もっとリラックスしなさい。いろいろ心配しないこと。」と言われ続けても、自覚がなく、どうすることも出来なかった。
ヨガを続けてみたが何も変わらなかった。

最近になって瞑想や太極拳を勧められて、習えるところを探していたら、英語コースが目に入った。

パースでサーティフィケート4の英語コースを始めてすぐにメルボルンに引越してしまい、またこちらでもやろうかとシティのAMESでコースの値段を聞いたら高かったのでやめてしまった。



今月頭から2週間、Jくんが出張中でお気楽生活を送っていたので、ふらっと学校の受付に行ったら翌週入学インタビューを受けることになって、インタビューに行ったらコースの値段が思ったより安く、なんかそのまま始めることになってしまった。
11週間で授業料50ドル 
その他諸経費の方がずっと高く、合計178ドル!
(178ドルというのは実はターム1&2の値段で、私の場合は、ターム2だけになるのだが、それでも同額払わないといけないらしかった)

これは無職かつ、永住権保持者の値段で、同じクラスで勉強してても持っているビザの種類によって値段はさまざま。
AMEPの520時間が残っている人は無料。


ずっと家という洞窟にこもって生活していたので、久しぶりにたくさんの知らない人と会うのはすごく緊張した。

ツアコンという仕事をたぶん5年ぐらいしていたので、たくさんの人の前で話すのは慣れていたけど、素の自分になると相当シャイな人間になってしまう。

今タームから入学した人が他にも何人もいたので順番に自己紹介をしたのだけど、みんなオーストラリアに来て数ヶ月という人ばかりで、はずかしくて10年もいますなんて聞かれても言えなかった。

10年もいるなんてわたしぐらいに決まってる
と思ったのだけど、聞いてみると他に10年いる人や7年いると言う人もいて安心した


当たり前なのだけど、だんなさんがオーストラリア人という人がたくさんいて、いいなぁとないものねだり。

わからない単語や意味を教えてくれる人が家にいるってずるいな

かと言ってオージーと結婚したかったかと言えば大きくNOなのだけど、やっぱり相方がオージーというのはこの国では有利だと思う。

英語の面だけではなくて、自分が外国人でもオージーの夫を通じてこのオーストラリアという国とつながっていると感じられるのじゃないかと思うからだ。

オージーとの結婚によって、オーストラリア人の両親や親戚が自動的についてくる。
個人的な好き嫌いはあるかもしれないけど、結婚によって新しい身内が生まれ、自分がその中に含まれ、守られてる気がするんじゃないのかな?

ところがうちみたいに両方外国人の場合は(Jくんは国籍がオーストラリア人であっても自分の国はやはりインド)、この国との結びつきは薄くなる。特にわたしは日本国籍だし、10年たっても自分はこの国には属してないと感じる。
仕事をしていれば別なのかな。。。。



久しぶりに早起きして学校へ行ったので今週はお疲れ気味だったけど、新しくたくさんの人(20人ぐらい)に会って、数人の友達が出来て勇気づけられたり、しょんぼりしたり、、、、
少しの間孤独とサヨナラ出来て良い時間がもてそう。



この日記ちょっと長くて暗くて、それに個人的な意見ばっかりで、ちょっと違うよって思うこともあるかもしれないけど、他の人はどういう風に思ってるのかなって思うので何か思うところがあったらコメントくださいね。



click down click down click down
banner クリックだけでも大歓迎!

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

コメント

こんにちは。
何度も読み返してしまいました。
オージーと結婚している事は有利。そう思います。何より心の安心があるってね、身内の居ないシンガポール生活を終えた後だからこそか強く実感しました。国の特徴もありすが、だいぶ生きやすいです。
お外に出る事は、妊活の事なども含めて不安な気持ちを一日の少しの間でも忘れさせてくれるので、どうかエンジョイ出来ますように!

マリリンさんへ

コメントありがとうi-261

>身内の居ないシンガポール生活を終えた後だからこそか強く実感しました。

自分が体験するとやっぱり違いますよね。
でも体験してない人にはきっとこの孤独感はわからないのかな、、って思います。
(夫婦仲の悪い人は別)

> お外に出る事は、妊活の事なども含めて不安な気持ちを一日の少しの間でも忘れさせてくれるので、どうかエンジョイ出来ますように!

考えることが学校のことばかりになりましたよ!!エッセイどうしようとか。。。(笑)

kyonさんへ

コメントありがとございました。
お勧めの番組見てみますね。
非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング参加中

カウンター

Real time visitors:

プロフィール

☆もっち

Author:☆もっち
オーストラリア・パースで5年7ヶ月を過ごし、新天地を求め、2008年3月からメルボルン暮らし。あっと言う間に丸9年。
天然インド人Jくんと2010年1月にメルボルンで結婚しました。
趣味はベランダガーデニング。

月別アーカイブ

カテゴリ

メルボルンの天気

☆お得にお買い物☆

楽天海外発送はこちらから

本を買うならココ

日本の本ならココ☆↓

わたしの旅

旅の情報収集


メルボルンのホテルの口コミ
メルボルンのホテルの口コミ

☆最安値保証☆

◆最低価格保証バナー◆

レビューがためになる楽天♪

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。