スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド内紛物語。

2011.04.22 20:32|インド・インド人
人間関係ってのはむずかしいものですね。

親でも兄弟でも親戚でも気の合わない人はいるし、性格問題ありって場合もある。
または結婚したら性格が悪くなったり、逆に良くなったりってのもあるのかもしれない。

特に親類がみんな近所に住んでるとけっこう厄介だったりする。

義父は妹が裏に、弟が歩いて数分ぐらいのところに住んでいるけど、仲があまり良くなくて、さけられない行事でもなければ話すことはあまりないらしい。

親よりも兄弟姉妹のほうがずっと長く付き合っていくわけだから、仲が良くないのは残念だと思う。

☆もっちシスターズは自分たちではあんまりわからないけど、仲が良いと言われるのでたぶんそうなんだと思う。
それぞれだんなさんがいて、自分たちの家庭があるけど、これからも仲良く出来たらいいと思う。よろしくね


身内は嫌いだからと言って簡単に切って捨てれるものではないと思うから、出来たらうまくやっていくのが一番だと思うのだけど、そうもいかない場合もあるから残念だ。

以前日記に書いたことがあるけど、Jくんの従妹がメルボルン在住のインド人と結婚して、メルボルンにやってきてからもう2年半ぐらいになると思う。

最初のうちはそこそこ仲良くやっていたんだけど、だんだん見勝手な行動が目につくようになって疎遠になってしまった。お互い思いやりをもってこそ良い関係が築けるんだと思う。

今までどんなことがあったかを書いてももう仕方がないので書かないけど、今日従妹から電話がかかってきた時にJくんが
彼女のお義父さんに対しての態度について文句を言った。

義父は一族で一番の年長者であり、インドでは年長者はとても尊敬される存在なのだ。

すると彼女は「この1週間ずっと病気で遠い病院に行かなければいけなかった」などと言い出した。
(義父に1週間電話しなかった理由)

でも数日前彼女はSMSでJくんに賃貸申し込みの為のレファレンス(身元保証人みたいな人)を頼んでいた。
(てことは賃貸アパートを見に行っていた?)
たとえ、彼女が本当に病気だったとしてもだんなさんは元気なはずだから、やっぱり電話の1本ぐらい出来たはず。

彼女はわざとらしい嘘がすぐばれると、今度は2年も前にわたしが彼女のだんなさんに「お水たくさん飲むんだね」「たくさん食べるんだね」と言ったことを持ち出した。

うちに招待してディナーを食べていた時のことだったと思う。

インドではそういうことを言うことは大変失礼なことらしく、彼女は2年も前のことを持ち出して「☆もっちはわたしの夫を侮辱した。だからあんまり連絡を取りたくなかった」と言い出した。

インドでならともかくオーストラリアでそんなことを言って侮辱扱いしていたらインド人以外誰とも付き合えないと思うし、言われて頭にきたならはっきりそう言うべきだったんじゃないの?!

国も文化も違うんだから間違って失礼なことをしてしまうこともあるけど、言ってくれればもうそんなことは言わないし、それが失礼なことだとわかるし、第一お互い思いやりを持って接していれば違いを乗り越えて理解し合えると思うんだけどなぁ。

彼女のこの言い訳ももちろん納得がいくものではなかった。

なぜならその後、車のない彼女たちのためにJくんが足となってあちこち連れて行ってあげたりしていたからだ。
(わたしが人が良すぎる!と言ってもJくんはインド人らしく身内に尽くしていた)

そして、彼女たちが車を買ってから(買う時もJくんが車で売り手の家まで連れて行って書類のやり取りを見届けた)パッタリ連絡が途切れたことは言うまでもない。Jくんは本当に人が良すぎる!!!



今朝は従妹のせいですごく頭にきて、お義父さんのトイレのことがちっさく思えた。ははは(苦笑)

でももう従妹に悩まされることもない(さすがにもうこれからは都合のいい時だけの連絡もないと期待している)と思うと嬉しい。
思いやりを持って接していても、それが通じなければ潮時というものがある。

インド人は家族や親戚(たぶん友人も)との関係がとても近いと思っていたから、ふたを開けてみると実は、、、なんだなぁ。。。。。。。やれ、やれ。。。。。

インド人じゃなくて良かった!!!

インド人の彼氏持ちの人は要注意ですよ!!

click down click down click down
banner またしても濃かったかな?!

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

コメント

No title

あーーー ちょっとやっかいな
従妹さんですなぁ。。。。

2年前のこと ひっぱりだしてきて
言い訳するなんて その時言ってくれよぉと
思いますよね。

確かに その国の常識゙は この国では
非常識なんて ありあり・・ましてや
この多民族の国 オーストラリアで暮らしていれば
おのずと わかっていると 思うのに。。。

私も 初めて海外暮らしをした韓国で 最初は
その 常識感の違いに 戸惑いを感じたことも
ありました。
失敗、失礼もいっぱい。今の 豪暮らしだって(^_^;)

ただね この従妹さんの 考え方、行動は
ちょっと 人間として 普通にどうよ と
感じますよ。

そんな従妹さんの旦那さんではなく
人が良い と思う J君が ☆もっちさんの
旦那様だと いうこと インド人も いろいろ(*^_^*)

ajimeさんへ

知らない国に行ってすぐに地元の人と同じようになんでも出来るなんてないですよね。
失敗しながら勉強するし、その国事情がわかってきていろんなことに寛容になれたりもする、、、。

韓国もいろいろびっくり常識があるんですね~(^^)
非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング参加中

カウンター

Real time visitors:

プロフィール

☆もっち

Author:☆もっち
オーストラリア・パースで5年7ヶ月を過ごし、新天地を求め、2008年3月からメルボルン暮らし。あっと言う間に丸9年。
天然インド人Jくんと2010年1月にメルボルンで結婚しました。
趣味はベランダガーデニング。

月別アーカイブ

カテゴリ

メルボルンの天気

☆お得にお買い物☆

楽天海外発送はこちらから

本を買うならココ

日本の本ならココ☆↓

わたしの旅

旅の情報収集


メルボルンのホテルの口コミ
メルボルンのホテルの口コミ

☆最安値保証☆

◆最低価格保証バナー◆

レビューがためになる楽天♪

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。