悶々、パンパン。

2011.03.31 21:01|インド・インド人
昨日ブログをアップしてから、寝ようと思ったけど、お義父さんのビザのことやこれからのことを考えたらいろいろ心配なことが(メインはお金のこと)じゃんじゃか出てきて全然眠れなくて朝になってしまった。

インド人は子供が親の面倒を見るのが当然だと思っていて、それは日本人として十分理解出来るし、わたしも当然のことだと思うんだが、しかぁ~~~し

インド人の面倒を見ると日本人の面倒を見るの意味が恐ろしく離れていると思う。

インド人の場合、全部子供におんぶに抱っこが当然と思ってるふしがあって、日本人の子供には頼りになりすぎないように自分で出来ることは自分でしようとか、なるべく子供には迷惑をかけないとかいう奥ゆかしさが全くないような気がする。

今回のことでインド人一同が口を揃えて言うことは、「お父さんは一人になってしまったのだから一緒に暮らすのが当然」

お父さんはおばあちゃんと二人暮らしだったので一人になったと言えば一人なんだか、生活そのものは孤独というわけでは全くなく、実の妹夫婦は同じ敷地内に住んでいて毎日顔を合わせているし、実弟夫婦も歩いて5分の所に住んでいる。

同じ町に生まれて生きてきたから、友人知人もたくさんいるだろうし、まだ60代で普通に健康だし、家もあるし、年金で十分生きていけるのになんで一人なわけ??? って思うんだよな。

どうしておばあちゃんが亡くなってしまうと一刻を争うようにオーストラリアに来ないと行けないの?と疑問がいっぱいなんだけど、インド人にしてみれば来るのが普通でしょ?なんでダメなわけ??と逆にこっちが突っ込まれてしまう。

海外に住んでいようがそういう思考回路が生まれた時から植えつけられているので、Jくんも「お父さんをオーストラリアに連れてくるしかない!!」みたいな使命感がメラメラしているのだ。

またしても日本人的に考えると、思い出のたくさんある家に一人で住むのは辛いだろうからしばらく(日本人的には数週間からせいぜい1ヶ月ぐらい?)海外で暮らしてみるのも気晴らしになっていいね。。。。


で、丸く収まるところだろうが、インド人的にしばらくなんていうのは全くない。
とりあえず観光ビザで3ヶ月までの滞在が許されているので3ヶ月は間違いなくいて、あわよくば永遠ということになるのだ。

だからこそ、なぜそんなに急ぐ?と思ってしまうんだ。なぜ気晴らしにちょっと来てみてそれから考えるとか準備するとか出来ないんだ?

お父さんが観光ビザで滞在している間はメディケアはもらえないから、お父さんの医療保険代が月に200ドルぐらいかかるだろし、おこづかいやら、生活費やらでどいうしよう???って考えてたら目が冴えて眠れなかった。

比較的安めの永住ビザは取るのにMANY YEARS(移民局のウエブサイトに書いてある)かかるので、待ってる間の保険代や生活費を考えると膨大なことになるだろうし、待ち時間の比較的短い永住ビザはインドで家が軽く1軒買える位の費用がかかるから果たして申請するお金があるのだろうか?

それより、言葉のあんまり通じないお父さんと1日家で二人っきりで私は大丈夫か???
部屋がいっこしかないから狭い空間で二人きりなんですけど!!

、、、、こうしてわたしの夜は悶々と明けたのだった。

click down click down click down
banner みなさんはよく眠れますように
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

コメント

No title

いや~~ん。
それは眠れなくなってしまうかも。汗。
なぜゆえに、そんなに急ぐ。。。と日本人的には思うけど、やっぱり文化が違うんでしょうか~。
経済的な事も考えると、更にキツイですよねぇ。←とか言っちゃうと、インドの方からしたら、冷たく感じじゃうのかしらー?

mimizinhaさんへ

一人でいると妄想と心配ばかりが増えますね。
イカン、イカンと思います。
一人でいる時間が必要な私は、ワンベッドの部屋に3人で住むってのが一番きついかも。

うーん

言葉が通じない義理の親と一つ屋根の下、日中も一緒となると辛いですねぇ・・・。
同じ日本人同士でも気を使うのに・・・。

適度に息抜きできますように・・・。

ゆきぼんさんへ

ありがとうございます。
ゆきぼんさんにいただいたハンガーがまた大活躍する予定です。

日中ずっと一緒って言うのがきついのですが、逆に一緒にいないと‘危険’なのでもうしょうがないですね。

とほほ。。。

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング参加中

カウンター

Real time visitors:

プロフィール

☆もっち

Author:☆もっち
オーストラリア・パースで5年7ヶ月を過ごし、新天地を求め、2008年3月からメルボルン暮らし。あっと言う間に丸9年。
天然インド人Jくんと2010年1月にメルボルンで結婚しました。
趣味はベランダガーデニング。

月別アーカイブ

カテゴリ

メルボルンの天気

☆お得にお買い物☆

楽天海外発送はこちらから

本を買うならココ

日本の本ならココ☆↓

わたしの旅

旅の情報収集


メルボルンのホテルの口コミ
メルボルンのホテルの口コミ

☆最安値保証☆

◆最低価格保証バナー◆

レビューがためになる楽天♪

  • ページトップへ
  • ホームへ