スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初MRIでした。

2017.02.13 22:59|メルボルンで医療系
1月19日から毎日頭痛が続いていた。

ガンガン痛いというのではなく薬を飲まなくても頑張れる程度の頭痛がほぼ毎日続いていた。

もともと頭痛持ちではないので、冬の日本から夏のメルボルンに来たので体がちょっとおかしくなったか、更年期障害?なのかと思っていたが、10日以上続いたので医者(GP)のところへ行った。

大丈夫だと思うけど念のためにMRIを撮りましょうというので、紹介状をもらった。

MRIを撮る場所は歩いていける範囲だし、何と言っても無料なら検査しておくに越したことはない。

今回はGPの紹介状のおかげ(ガンの可能性があるかどうかの検査ってことにしてくれたの)で無料だったけど、通常は310ドルするらしい。ひゃ〜〜、だだで良かった

イメージフォト
MRI.jpg


受付で問診票に記入し、呼ばれた後、使い捨てのガウンに着替えた。

MRIの間はうるさい音がするので、コード付きの耳栓を与えられた。スキャンを撮影中は自分の好みの音楽を流してくれるとのことだったのでクラシックをリクエスト。

目を閉じていた方がリラックスできるからとアイマスクをつけてくれ、足には毛布をかけてもらった。

グオーンと言う音がして頭がMRIの機械の中に入っていくのを想像していたら急に恐怖感が沸き起こって思わず「何かあったら握りしめてね」と言われて渡されたゴム製のポンプみたいなものを速攻握った。
早くここから出して!助けて!


MRIを撮るシーンはテレビで見たことがあったので別になんとも思わなかったけど、どうも私は閉塞感?に弱いらしい。

閉じ込められる感じが嫌いで、逃げられないと思うと具合が悪くなる。

飛行機に乗るとか昔は平気どころか好きだったのに、今は恐る恐る乗っている。変われば変わるもんだ。

やっぱりダメ!って思ったらすぐにやめてくれるってことで(逃げ道を作って恐怖心を減らす作戦)再チャレンジ。

写真を撮るのに20−30分かかるって言われたけど(30分動けないって言われたからさらに恐怖心が倍増だよ)

動かないようにじっとしていたので、最短時間で写真が撮れたんではないかと思う。


MRIの検査結果を聞きに行かないといけないのだけど、予約を取らないでダラダラしているうちにGPの予約がいっぱいになってしまったのでまだ行ってない。Wiiで運動するようになってから頭痛がましになった気がする。気のせいか?




 明後日GPに会いに行きます。
スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

コメント

非公開コメント

| 2017.08 |
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
ブログランキング参加中

カウンター

Real time visitors:

プロフィール

☆もっち

Author:☆もっち
オーストラリア・パースで5年7ヶ月を過ごし、新天地を求め、2008年3月からメルボルン暮らし。あっと言う間に丸9年。
天然インド人Jくんと2010年1月にメルボルンで結婚しました。
趣味はベランダガーデニング。

月別アーカイブ

カテゴリ

メルボルンの天気

☆お得にお買い物☆

楽天海外発送はこちらから

本を買うならココ

日本の本ならココ☆↓

わたしの旅

旅の情報収集


メルボルンのホテルの口コミ
メルボルンのホテルの口コミ

☆最安値保証☆

◆最低価格保証バナー◆

レビューがためになる楽天♪

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。