がんばらないようにがんばります。

2016.03.25 21:37|片付け断捨離
たぶん来年になるであろう引越しにそなえ断捨離続行中。

断捨離すると、幸せになってお金が貯まるって本当かなぁ?って思って実験中です。

一度に捨てて後悔しないようにちょっとずつ、洋服は季節の変わり目を機にするのが一番捨てやすいなぁ。

あんまり着てなくて状態がいいのは寄付するより、誰か着てくれる人にあげたい。

何年か前に買ったけど、サイズが小さくて(自分が大きくなっただけだけどー汗)ほとんどはかなかったパンツ。

履こうと思えば履けるけど、ぎゅーって肉を押し込んで履いても苦しいだけでいいことない

あと2キロ痩せたら気持ちよく履けるだろうから、痩せた時のために取っておいたけど、いったいいつ痩せる?

たとえ痩せても、希望の場所の肉が減らなくなっていることに気がついた。

似合わない服、太って見える服。試着しないでオンラインで買ったものばかり。
もちろん試着して買って失敗した服もある。(>_<)

オーストラリアでは買いたくなるようなお手頃で素敵な服がないから、安い時に勘で買い物しておいて、日本から送ってもらったけど、今はメルボルンには無印もユニクロもある。おかげで危機感がだいぶ軽減された。

がんばらないと着れない服は処分してしまえ

夏物パンツ2枚、夏物スカート2枚レギンス2枚、冬物パンツ2枚
全部お友達にもらってもらった。こんなに一度に押し付けてすんません^^;とも思ったけど、喜んでもらえた
もらったものの嫌いな服はそれこそ寄付してもらえばいい。

なくなったらすっきりした

すっきりついでに他の物もいくつか処分。こちらは寄付。

他にも着ないんだけど捨てれない服がちらほらある。
捨てようか手に取るんだけど、結局たんすの中に戻してしまう、「がんばって着ないと」「物がいいから捨てるのがもったいない」
無理に捨てないでゆっくりやっていこう。

1月から3月にかけて日本にいた時も古い服をごっそり断捨離した。
しばらく実家には帰っていなかったので、服がいっぱいあってびっくりした

全部10年以上前の服だけど、いっぱいあって良かった(笑)

日本に帰る時にこちらから服を持っていかなくてもなんとかなるっていうのは有難い

流行に関係ない定番な服は10年たっても着れるなぁって感心した。

その代わり大きい肩パット入りの昔風の服は全部処分。

自分にとって心地の良い量の服を持つこと。
シーズン中着ないで終わってしまう服をなくすこと。
気に入った服を着つぶすまで着ること。


3年ぐらいで達成出来たら上出来

click down click down click down
banner


スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

コメント

非公開コメント

| 2017.06 |
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
ブログランキング参加中

カウンター

Real time visitors:

プロフィール

☆もっち

Author:☆もっち
オーストラリア・パースで5年7ヶ月を過ごし、新天地を求め、2008年3月からメルボルン暮らし。あっと言う間に丸9年。
天然インド人Jくんと2010年1月にメルボルンで結婚しました。
趣味はベランダガーデニング。

月別アーカイブ

カテゴリ

メルボルンの天気

☆お得にお買い物☆

楽天海外発送はこちらから

本を買うならココ

日本の本ならココ☆↓

わたしの旅

旅の情報収集


メルボルンのホテルの口コミ
メルボルンのホテルの口コミ

☆最安値保証☆

◆最低価格保証バナー◆

レビューがためになる楽天♪

  • ページトップへ
  • ホームへ