スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノースブリッジでの危険な出会い 後編

2009.01.11 07:00|パースでの話

完結編ですが、結末はみなさんの予想どうりでしょうか?


「勉強が忙しい、もし単位を落としたらもっとお金がかかるから頑張らないといけない」などと言い訳を並べるわたしにおっさんは、

「お金のことは心配しなくていいよ!ぼくがサポートしてあげるから

な、な、なにおぉぉ!!!???え~

大学の1年間の学費はコースによってさまざまですが、1年で最低100万ぐらいかかります。(為替によってもずいぶん違うのでかなり大雑把な額です)

100万もの大金を、ついこの間知り合ったばかりの日本人の女のこに使うなんて絶対普通じゃありません!!!

その場ですぐに「そんなことをしてもらう必要は全くない」と断りました。

このおっさんがわたしの「足短か長おじさん」であるわけないのです。

家に帰ってオージーのシェアメイトにこのことを話すと、

「あらぁ~、☆もっち、それはSleepってことねぇ

☆も:「や、やっぱり。。。。shock

その後、何度かおっさんから電話アップロードファイルがかかってきましたが、ちょっぴり冷たくしたグーので、そのうちあきらめてくれました。 ほっ絵文字名を入力してください

さて、おっさんがいなくなって勉強に集中できるはずでしたが、自分の能力のなさを早くに悟り、1ヶ月もたたないうちに大学を退学してしまった手のは以前にも書いたとおりです。 kumori

世の中っていろいろあるよね。。。。。


click down click down click down
bannerこのストーリー、それなりに楽しめたらクリックお願いします♪

 

スポンサーサイト

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

ノースブリッジでの危険な出会い 中編

2009.01.10 07:00|パースでの話

ノースブリッジの花売りのバイトを通じて知り合ったおっさんからの電話は「ごはん絵文字名を入力してくださいのお誘い」でした。

おっさんは悪い人ではなさそうなので、お誘いに乗ることにし、連れて行ってもらったのはサウスパースにあるBoat Shedという川沿いの感じのいいレストランでした。(Boat Shedはいいですよ、おすすめ!)

もちろんおっさんのおごりでした。ごちそうさま おんぷ

なんとなく、、、おっさんの言っていた「42,3のお勧めのオトコって自分のことなんじゃないの!!!!」という疑惑がわたしの中でパンパンに膨らんでいきました。 でも50過ぎぐらいに見えるんですか、、、(^_^;)

おっさんは確かによい人かもしれないけど、

おっさんは所詮、おっさんなのよぉぉぉ!!!!!!!!!
(おっさん好きの人がいたらすいません、このおっさんはあなたの好みのおっさんではないと思いますよ)


またおっさんの誘いに乗ったら気があると誤解されちゃうかもしれないから会わないほうがいいね、そう思いました。

それにわたしは大学に入学して早々で、かなりてんぱっていたので精神的に他のことを考える余裕が全くありませんでした。(全くほんとにその通りでした)

そしてある日、わたしが学校にいると、おっさんからまたお誘いの電話アップロードファイルがかかってきました。

学校が忙しいとか言って断ろうとしたのですが、どうしてもというのでノースブリッジのタイレストランへ行きました。(このレストランもけっこうおいしいいい店だったので、その後、何度か他の人と行きました。値段も手頃だった。)

あんまりきついことは言いたくなかったので、「勉強が忙しい、もし単位を落としたらもっとお金がかかるから頑張らないといけない」などど言ってわたしのことはそっとしておいてもらえるように頼みました。

するとおっさんが驚くべき発言を!!!!!!!!!!! え~


click down click down click down
banner後編へ続きます。続きが気になったらクリックの後で♪

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

ノースブリッジでの危険な出会い 前編

2009.01.09 07:00|パースでの話
オーストラリアに来て6年半、Jくんと付き合って5年2ヶ月、引き算すると、、、、

1年4ヶ月のブランクがありますが、この間、何も出会いがなかったかというと、そうでもなくて、

あれは、、、、、今から6年前のバレンタインデーの日のことでした。


たまには早めにクリックお願いします☆
click down 
banner



6年前のバレンタインデーの日、わたしはパースに来て以来初めてアルバイトをしました。

それは、、、、、、、、


ノースブリッジでの花売り花束



青いお花ノースブリッジを知らない人の為のワンポイント講座 青いお花

ノースブリッジはパースシティの北側にある街一番の歓楽街、東京なら新宿歌舞伎町(をものすっご~~く小さくしたところ)のようなところで、同時にパースの食の都です。


仕事は夜7時ぐらいから始まり、主に、レストランやナイトクラブを回ってお客さんに薔薇の花を勧めながら売るというものでした。

お給料は出来高制で、たくさん売れば売るほどお金がもらえました。100円玉

あの当時、普通の日は薔薇は1本5ドルで売られていましたが、バレンタインデーの日は通常よりちょっと豪華に薔薇を包装したので、1本15ドルで売るように言われました。 高いぜ

わたしはオーストラリアに着いて半年たっていましたが、初めての夜のノースブリッジはとても刺激的でちょっぴり危険なにおいがしました。

おおぉぉ!!!こんなこととか、あんなこととか!!!


薔薇花束の花を買ってくれたのは主にカップルの男性なんですが、中には女性同士カップルさんや友達同士でわいわいごはんを食べにきていた金持ちぼんぼん風香港人などもいました。


花売りは夜中の2時ぐらいまでしましたが、途中で夕ご飯休憩を取ったり、休んだりなど、自分のペースで出来たので、思ったほどは大変じゃなかったような気がします。

大変だったのは、夜更かししたために次の日が眠くてだるかったこと。30を過ぎると夜更かしがかなり体にこたえます。

さて、その晩のわたしの収入がいくらだったかと言うと、確か、、、120ドルぐらいでした。

これも香港人のぼんぼんがまとめて何本も買ってくれたからだと、、、、香港万歳!!!


仕事の後は他の花売りの人とオーナー、オーナーのビジネスパートナーなどと一緒にチャイナタウンでごはんを食べました。(もちろんおごりで

その後、わたしたちはオーナーのビジネスパートナーに車アップロードファイルでアパートまで送ってもらいました。
(パースは暗くなると公共の乗り物の便が最悪です)

車の中でビジネスパートナーのおっさんが言いました。

「年は42、3なんだけど、いいやつを知ってるから紹介しようか?」

わたしはその時彼氏いない歴2-3年ぐらい??だったので、いい人がいるならそれはそれでいいかなぁとぼんやり思いました。

別れ際におっさんが電話番号アップロードファイルを教えてくれたので、代わりにわたしも自分のを渡しました。

自営業の人なら次回アルバイトを探す時に役立つかもしれないだろうし、、、、、

そして、次の日は死んだように眠り、数日後おっさんから電話がありました。

その電話は、、、、


click down click down click down
banner続きはクリックしてお待ちください♪

テーマ:オーストラリア
ジャンル:海外情報

| 2017.10 |
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
ブログランキング参加中

カウンター

Real time visitors:

プロフィール

☆もっち

Author:☆もっち
オーストラリア・パースで5年7ヶ月を過ごし、新天地を求め、2008年3月からメルボルン暮らし。あっと言う間に丸9年。
天然インド人Jくんと2010年1月にメルボルンで結婚しました。
趣味はベランダガーデニング。

月別アーカイブ

カテゴリ

メルボルンの天気

☆お得にお買い物☆

楽天海外発送はこちらから

本を買うならココ

日本の本ならココ☆↓

わたしの旅

旅の情報収集


メルボルンのホテルの口コミ
メルボルンのホテルの口コミ

☆最安値保証☆

◆最低価格保証バナー◆

レビューがためになる楽天♪

  • ページトップへ
  • ホームへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。